川崎幸クリニックトップ 初めての方へ/川崎幸クリニック概要 医療機器紹介

初めての方へ /
川崎幸クリニック概要

医療機器紹介

一般撮影装置

一般撮影装置

【X線高電圧撮影装置】RadSpeedPro

画像診断部門で最も利用頻度の高い一般撮影部門では、撮影室を2部屋用意し待ち時間の解消と、様々なニーズに対応して撮影を行っています。
また、昇降機の撮影台を採用することで、高齢者の方でも安全に撮影台へ乗り降りができるようにしています。

  • X線高電圧装置  TOSHIBA KXO-50G,DST-100A × 各2台
  • 低床型昇降フローティング撮影台  大林製作所 SUD-100 × 各2台
  • オートセンタリングリーダー  大林製作所 VB-AUTO60 × 各2台

CRシステム

富士メディカルシステムのFCRを採用し、常に安定したクオリティのイメージを提供しています。

  • 画像読取装置  Speedia CS, Profect CS × 各1台
  • 画像記録装置  DRYPIX 7000 × 1台

PACSシステム

フィルムレスを行うため、PACSシステムを採用しました。これにより、鮮明なレントゲン写真を診察室まで迅速に提供できるようになりました。

  • 画像保存装置  Synapse

CTスキャナ

CTスキャナ

Siemens sensation64
画像提供:シーメンス旭メディック株式会社

従来のCTより検査時間が短く、細かい撮影が可能となる64列マルチスライスCTを導入しました。
1回転あたり0.33秒という高速回転撮影が可能で心血管撮影にも対応することができ、患者様への負担を低減することが可能となりました。